なかにし整形外科|整形外科・リハビリテーション科

なかにし整形外科|リハビリテーション科・リウマチ科|三重県伊勢市のクリニック

ブログ

「健康のこと」などを発信しています。

【頭をスッキリさせる指体操】

2020/6/13
梅雨に入り、うっとおしい日が続きそうですね💦
今回は、頭をスッキリさせる指体操をご紹介します♪
指をよく動かすと、大脳や内臓の働きが活発になるのです‼️
また、一般的には脳を活発に使うことが認知症予防になるとも言われています✨
短時間で、気軽にできる内容なので気分転換に行ってみてくださいね😊

⭐️グーパー体操⭐️

①まず、左手(右手)を前に突き出し、「パー」にします。
右手(左手)は胸につけて「グー」にします。

②前に突き出す手を入れ替え、突き出した方の手を「パー」でそろえます。
この時、肘をしっかり伸ばしたり、肘を曲げて引く動きは肩こりにも効きますよ👌

③慣れてきたらだんだんとスピードを速くしてみてもいいですね。

⭐️親指と小指の入れ替え⭐️

①両手を握ってグー✊にします。
そして、右手の親指と左手の小指を出します。

②つぎに、この手を同時に入れ替えます。親指と小指も入れ替えます。

③慣れてきたら、これをだんだん早くしてみたり、「もしもしカメよ〜カメさんよ〜」などの歌に合わせてやってみたりしてもいいですね😊

⭐️指折り体操⭐️

①両手を開いて前に出し、右手の親指をまず折っておきます。

②この状態から両手を同時に指折りしていきます。右手と左手が一本ずつずれたまま指折りをしてくださいね😊

③10まで数えた時に、右手の親指だけ折ってある状態に戻っていたら大成功です✌️

簡単にできる内容ばかりですので、気軽にやってみてください。
簡単すぎる場合は右手と左手を逆にして始めたり、テンポを速くするなどして難易度を上げることもできますよ😊 

そら豆のポテトサラダ【季節の食材で骨を強くしよう】

2020/6/4
HP春4そら豆3_page-0001
季節の食材を使用して、カルシウムとタンパク質の摂れるレシピを紹介します。
今回はそら豆を使用しました。
そら豆の栄養素についてはレシピ記載の通りで、ビタミンB群やビタミンCなどが含まれています。
カルシウムを含む桜えびは、一度フライパンで軽く炒ると香ばしくなり、旨味が増しますよ。
是非ひと手間かけてみて下さい。

【座ってできる腰痛体操】

2020/5/29
暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか❓

今回は前回に引き続き、腰痛でお困りの方におすすめの方法をお伝えします。

腰痛予防メニューの一部をご紹介しますね😊
筋肉をほぐすストレッチと、筋力アップを図るトレーニングを組み合わせたものです☝️
筋力や筋肉の柔軟性を高めて、痛みの予防に繋げましょう‼️

1.前後運動

①タオルを丸めてお尻のでっぱりに当たるように敷き、腰掛けます。
両手を前で組み、息を吐きながら上体を後ろへ
みぞおちを見ながら丸まる。
②息を吸いながら前へ、みぞおちを突き出す
この時腰をそらないように、胸を張るイメージで行います。
回数は10回でゆっくり呼吸しながら、無理のない範囲で行って下さい。

2. 並行運動

①タオルを丸めて両膝の間に挟む、両手を前で組み、肩の高さが変わらないように注意しながら左右に体重をかけていく。
かける際はバランスが崩れるギリギリのところでやめる
回数は10回でゆっくり呼吸しながら、無理のない範囲で行って下さい。

3. 円を描く運動

①両手を前で組み、お尻で円を描くように、できるだけ大きくゆっくりと回して下さい。
頭の位置は出来るだけ変えず回して下さい
回数は10回でゆっくり呼吸しながら、無理のない範囲で行って下さい。
いずれも、痛みがある時は無理をしないでくださいね。
そして、水分もこまめに摂って脱水にならないようにご注意くださいね⭐️

【腰のストレッチ】

2020/5/15
長いゴールデンウィークも外出自粛で運動不足になっていないでしょうか?
今回は腰のストレッチを紹介します😊
休み明けの仕事や家事などで、腰の痛みがぶり返した方など、無理のない範囲で行ってみてくださいね‼️

⭐️身体を反ると痛い場合のストレッチ⭐️

① あお向けになり、全身の力を抜きましょう。 
② 片膝を曲げて両手で抱え、胸元まで引き寄せて下さい。 
③ お尻から腰にかけて伸ばして15秒キープしましょう。 
④ ゆっくり最初の姿勢に戻して下さい。 
⑤ 左右15秒×3セットが目安です。

※このストレッチを行う際は深く静かに呼吸をしながら行いましょう。
痛みや違和感があれば、ストレッチを中止して下さいね。

⭐️前かがみになると痛い場合のストレッチ⭐️

① うつ伏せになり、全身の力を抜きましょう。 
② 両肘で体を支えて上体を起こし、胸からお腹を伸ばして下さい。 
③ さらに、肘を伸ばして両手で体を支え、腰まで反らしましょう。 
④ この姿勢を10秒キープしましょう。 
⑤ 最初の姿勢にゆっくり戻して下さい。 
⑥ この運動を3回行います。 

※すでに腰痛がある人などは、肘を伸ばすのがつらいこともあります。
その場合は、肘を曲げた形で上体を軽く反らせるだけでもOKです。
無理をせずに、できる範囲で行いましょう。 

【手作りおやつでカルシウムを摂ろう】プリン

2020/5/11
スイーツ2_page-0001
スイーツでカルシウムとタンパク質の摂れるレシピを紹介します。
今回はプリンです。
プリンには、牛乳に含まれるカルシウムや卵に含まれるタンパク質、ビタミンDなど骨を強くする栄養素が含まれています。
ビタミンDにはカルシウムの吸収を助ける働きがあります。
おうち時間を利用して、作ったことのない人も気分転換に挑戦してみてくださいね。
甘いものを食べて、リフレッシュしましょう! 
お問合せはTEL: 0596-22-7771
なかにし整形外科|リハビリテーション科|三重県伊勢市のクリニック
WEB予約