なかにし整形外科|整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科

なかにし整形外科

疲労骨折

疲労骨折
《原因・特徴など》
  • 骨の同一部位に繰り返し外力が加わることによって、やがて疲労骨折を起こします。
  • 10代の男子に多く、すねの骨や足の骨など下肢に多くみられます。
《主な症状》
  • 運動時の痛みや腫れが生じます。
  • そのまま運動を続けると日常生活でも痛みを生じるようになります。
《検査》
  • レントゲン、CT、MRIなどで診断出来ます。
《治療》
  • まずはスポーツ活動を中止し、安静にする必要があります。
  • 骨折の部位によって、安静で治ることもあれば、ギプス固定や手術が必要になることもあります。
お気軽にご相談ください|なかにし整形外科|院長 中西 巧也
お問合せはTEL: 0596-22-7771
なかにし整形外科