なかにし整形外科|整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科

なかにし整形外科

半月(板)損傷

半月(板)損傷
《原因・特徴など》
  • 半月板は膝にある軟骨でできた板状の組織で、膝の衝撃を分散させ和らげるクッションの役割をしています。
  • 膝に捻るような力が加わったときなどに半月板が損傷します。
  • 加齢により半月板が脆くなると断裂しやすくなります。
《主な症状》
  • 膝の痛みや引っかかり感、一定の角度で膝が伸ばせなくなるロッキングなどがあります。
《検査》
  • MRIを撮ると半月板の断裂がみられます。
  • 関節鏡を膝関節に挿入し観察すると、より詳細に半月板や膝軟骨の状態が分かります。
《治療》
  • 保存治療で改善しない場合は、関節鏡視下に半月板縫合術や部分摘出術を行います。
お気軽にご相談ください|なかにし整形外科|院長 中西 巧也
お問合せはTEL: 0596-22-7771
なかにし整形外科